「悉皆(しっかい)」と言う言葉は、呉服に関わる方以外一般には聞き慣れない言葉かもしれません。
字のごとく、「ことごとく、みな全部」という意味を持ちます。

かつて、お客様や問屋から注文を受けて意匠のアイデアを出したり、様々な職人に指示を出しながら作業を調整し

一枚の着物を仕上げていたプロデューサーが「悉皆屋」と呼ばれていました。
現在では「丸洗い」「しみ抜き」「洗い張り」から「染め替え」「柄足し」「刺繍・金箔直し」「仕立直し」など

着物に関する加工作業すべての事を指して「悉皆」と呼んでいます。

お着物を末永く、少しでもお気軽にお召いただくために、

お着物の状態やお客様のご要望に応じた方法を提案させていただきます。